2013年11月後半、全てを懸けて鈴木の新しいチャレンジが始まる!?

DSC_0358-2 どうも、鈴木です。いつもデタラメな当店を御贔屓下さいまして恐縮です。大変唐突ですが、11月に移転することが決まりました。コーヒークラブエムズカンパニーとして開店してから25年…、今の場所で営業させて頂いてから16年目…、ヒッピーのようにふらふら動いていた開業当初と違い、ある程度落ち着いて営業させて頂いておりましたが、新たなチャレンジをさせて頂きたいと思いが募り、また、私がチャレンジするべき…と、ある種の使命感&覚悟を持っての移転となります。只、ご心配なさらないで下さい。新しい店も、今の場所から50メートル位しか離れていません。(鈴木の足で100歩位?)殆ど今の店と同じ感覚でご利用頂けると思います。
写真は、新しい店の入り口になります。内装工事やら何やらはまだこれからとなりますが、義弟の建築事務所が内装工事を受け持ってくれる予定ですので、ログハウスっぽいナチュラルな雰囲気を持つお店になってくれると思います。でも、何処までちゃんと出来るかは、これからの資金集めによって違ってきますのであくまで未定です。自慢ではありませんが、全国に良いお客様は沢山持つ鈴木の店(顧客2000人以上)ですが、資産、財産と言われる物は持ち合わせていませんので(ここはきっぱり!・笑)、新しい店に掛ける費用もこれから集める形となります。大した資金も持ち合わせていないのに移転を計画するなんて…と思われるかも知れませんが、鈴木に取りましてはいつものこと、24歳の頃に今の店とは名前もスタイルも違いますが、喫茶店もどきの店を開業してから、何も持たず丸腰の状態での勝負ばかりでした。そしてホームページにあるように、何度も失敗をし(ほぼ失敗ばかり)、15,6年前に今の店に移ってからは、ようやくと言いますか、皆様のおかげで、やっと、小さな小さな、いわゆる成功と言う類を収めることが出来ました。
まずは専門誌から始まり、新聞、雑誌に取り上げられるようになりまして、ラジオでの特集から、今や大人気「くまもん」生みの親・放送作家“小山薫堂さん”と出会い、彼の台本でテレビにも出演もさせて頂いて、そこで芸能界の料理王“グッチ裕三さん”と共演することになり、その御縁から彼の店のコーヒーを創らせて頂くようになり(もうかれこれ10数年以上もお付き合い頂いています)、更に更にその出会いから、DJ赤坂こと赤坂泰彦さんと出会って『週刊文春』にて大きく御紹介頂いたり、三宅裕司さん、コロッケさん、川原亜矢子さん、Beginさん、T.M.Revolutionこと西川貴教さん等々、多くの有名人にコーヒーを飲んで頂いたりする機会にも恵まれました。コーヒーの焙煎をしていなければ間違いなく出会う機会のない人達です。更に更に、料理万歳という番組の司会を20年も務め、ご自身も食通として名高い俳優の滝田栄さんからは、天皇陛下の妹君・島津貴子さまを御紹介頂いてしまい、その御縁から秋篠宮様にまでコーヒーをお飲み頂ける機会に恵まれたりして、もうビックリすることばかりです。こんな素敵な御縁を頂戴している鈴木ですが、今の店は“ほぼ倉庫?”ですので、あまりにイメージからかけ離れてしまっています。本人としましては、「美味しいコーヒー創るのに、見てくれは関係ないだろう」と言う思いもあるのですが、応援して下さる多くの人達の事を考えますと、最近は「もう少しまともな店に居ても良いのかな?…」と思うようになりました。そこでの移転という話なのです。(長い説明だよね・苦笑)
新しい店は11月後半にはオープンする予定です。細かな予定は決まり次第また発表させて頂きますし、鈴木なりの新しいチャレンジもするつもりです。もしかしたら、また大きな失敗をして一文無しになってしまうかも知れませんが、そのときは屋台で豆を焙煎しながらの全国安行でもしますので、見かけたら声を掛けてやって下さいませ。どうぞよろしくお願いいたします。(決して石などぶつけないようにね・笑)

This entry was posted in ブログ, 気まぐれ日記, 鈴木からの伝言板. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

鈴木正美からのごあいさつ
鈴木正美プロフィール
焙煎職人
ワインメール
「自家焙煎の楽しさ・・・」
ニコスマガジンに掲載
会議珈琲ストーリー
ストアジャーナルに掲載
鈴木正美の手記
Nob誕生秘話
コーヒーギャラリーNob・誕生秘話
最初の専門誌掲載
商業界に掲載

ブログカレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ