10年ぶりに咲いた“名も知らぬ花”に思いを寄せる鈴木

店の花01 なんと、10何年ぶりかで花が咲きました!この写真の花なのですが、花の名前は・・・忘れました。(苦笑) がさつな鈴木の店も、店の入り口には(少しでも店らしく見せようと)何種類かの植木や花が置いてはあるのですが、サボテンまで枯らす?!と言われる鈴木ですから(自慢にはならん)、「水だけはたまにやるから後は根性で枯れずにいろ!」と、花や植木にまで根性論を押しつけておりますので、基本的に花は枯れて行くのですが(当たり前ですよね)、この花も葉っぱ部分だけはギリギリ保っていたので、まぁ捨てなくても・・・と言う形で置いておいた物なのです。なのでよく見ますと葉っぱも枯れ枯れな感じが見て取れると思います。  いやぁ~、花が咲いたのにもビックリしましたが、それを見た私の第一声は「この植木花だったの?!」という、まず第一にこの葉っぱが花であることも忘れていたという程、それはそれはひどい状態であったと言うことなのです。(誰のせい?) でも、今まで放って置いたにも関わらず、花が咲いたとなると途端に可愛らしく感じて、毎日せっせとお水をあげている鈴木なのです。人は昔皆、名も無き花だったと言いますが、確かにそうですよね。それでよいですし、そこから始めればよいと思います。あきらめないかぎり、こうやって咲くこともあるのですから。まぁ皆さん、根性で頑張りましょっ!(・・・でこの花何て名前?)

This entry was posted in ブログ, 気まぐれ日記. Bookmark the permalink.

2 Responses to 10年ぶりに咲いた“名も知らぬ花”に思いを寄せる鈴木

  1. 濱田祥子 says:

    初めまして。君子蘭だと思います。亡くなった母が好きだった。うちのはいつの間にか消え去りましたが・・・。
    いつもいい香りが漂っていて、お店の前を通るときはうっとりしています。ありがとうございます。
    いつか、オープンしているときに立ち寄ってみようと思います。

    • suzuki says:

      濱田様
      こんにちは!コーヒークラブ焙煎職人の鈴木でございます。今回は、御丁寧にコメントをお寄せ頂きましてありがとうございました。
      「君子蘭」と言うのですか・・・そんなに素敵な名前だったのですね。知らずに単なる葉っぱと思っていて恥ずかしいです。(もっと大事にしなくてはいけませんね)
      店はいつも煙モクモクで、倉庫のような怪しげな所ですが、万が一機会がございましたら、是非一度お立ち寄り下さいませ。ありがとうございました!

鈴木正美からのごあいさつ
鈴木正美プロフィール
焙煎職人
ワインメール
「自家焙煎の楽しさ・・・」
ニコスマガジンに掲載
会議珈琲ストーリー
ストアジャーナルに掲載
鈴木正美の手記
Nob誕生秘話
コーヒーギャラリーNob・誕生秘話
最初の専門誌掲載
商業界に掲載

ブログカレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ