関係者なのに堂々と裏で手を引く、これこそ鈴木流の応援?!

=あきらめ掛けていた宮城のお客様からご連絡いただいて、とても嬉しく感じる今日この頃です!=

先日言っていた「小山薫堂・東京会議」のコーヒーのネーミング募集について、少し考えてみました。

薫堂さんがシンプルに「珈琲会議」と言うのを考えてくれたのですが、“これ以上の物を!”というのが

ちょっとハードルを上げているような気がします。(だって、天下の薫堂さんが考えたものですから・・・)

実際、「会議珈琲」もしくは、「珈琲会議」でオーケーだとは思うのですが、そこは一つ味わいを出す為に

プラス“The”を付けて「The 珈琲会議」とか、「The 会議珈琲」とかも面白いかも知れませんね。更には

「噂の珈琲会議」とか、この珈琲は“ミント味”ですので、「噂のミント珈琲」とかも面白いかも・・・です。

薫堂さんが、「ひらめけ・・・ひらめけ・・・」と唸っていたので、「会議珈琲“ひらめきミント”」なんて言うのも

よろしいのではないでしょうか?それと今、日本中が震災の影響で落ち込んでいますから、復興の為に

「元気」、「勇気」、「希望」、「絆」等々の言葉を入れてみるのも良いと思います。(kizuna311にも掛けて)

言葉の入れ方としては、「希望の珈琲会議」とかでも良いですし、「元気!勇気!珈琲会議!」みたいな

喋っている風も有りかな?なんて思います。「珈琲“KIZUNA”会議」では、ちょっと出来すぎでしょうか?

でも、そんな感じで自由に考えて良いのです。私は関係者ですので、応募するわけには行きませんが

裏で手を引くのは有りでしょうから(有りか?)ちょっと、参考にしてみて下さい。応募していただく際は

こちらの→ネーミング募集ページからお願いします。「鈴木から頼まれた」とか「裏で手を引いてる」とか

言っていただいても大丈夫だと思います。さあさあ、皆さん一斉送信を!(そんな番組有るか?・苦笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<御覧頂き、ありがとうございます>・・・

This entry was posted in 気まぐれ日記. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

鈴木正美からのごあいさつ
鈴木正美プロフィール
焙煎職人
ワインメール
「自家焙煎の楽しさ・・・」
ニコスマガジンに掲載
会議珈琲ストーリー
ストアジャーナルに掲載
鈴木正美の手記
Nob誕生秘話
コーヒーギャラリーNob・誕生秘話
最初の専門誌掲載
商業界に掲載

ブログカレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ