たまに思い出してやって下さい・・・でもその話は禁物です!?

=鈴木の笑顔が変だったらゴメンナサイ、でも、決してお客様のせいではありませんから御安心を=

noi-2010毎日・・・とまではいかなくても、何とか毎週更新していた

この日記ページですが、暫く更新できずにおりました。

デタラメな、鈴木の気ままページなのですが、楽しみに

していて下さる方も、いらっしゃるそうですので(数人?)

申し訳なく感じております。ただ先週は、ちょっとショック

なことがありまして、めずらしく落ち込んでおりました。

これは↑2月に娘が撮ったノイの写真ですが、その愛犬ノイが、先週、静かに逝ってしまったのです。

13歳と4ヶ月程になりますから、10歳前後と言われる大型犬の寿命からしますと、かなり長生きでは

あったのですが、その日の昼までは普段と変わらず元気バリバリで、ご飯もたっぷり食べて、お散歩も

変わらず行って、ごく普通だったのですが、夜から調子が悪くなり、次の日の朝には、まるで眠るように

静かに、静かに逝きました。看板犬としては、一年以上前に引退しておりましたが、それまでの長い間

店頭で皆様に可愛がっていただいておりましたし、このホームページを通じても、皆様から「ノイちゃん

可愛いですね!」なんて、お言葉も頂いたりしておりまして、多くの方々に愛されて、ノイは幸せです。

今まで、本当にありがとうございました。機会が有れば、たまに思い出してやってください。きっとノイも

喜ぶことでしょう。でも、私達の前では、出来たらノイの話はしないで頂けるとありがたいのです。勿論

まるっきり・・・と言うわけにはいかないでしょうが、思いだしてしまうと、とても笑顔ではいられません。

「鈴木の手記」のページでも書かせて頂いたように、私は、死をすぐ身近に感じていた頃もありました

そんな、一番大変だった頃に、店のご近所の方から、コーヒー豆と引き替えに頂戴してしまったノイ・・・

それからは、まるで“守り神”のように、いつでも私達のそばにいて、じっと見つめていてくれました。

皆様に少しずつ愛される店になり、やがては、こんなに小さな店でありながら、日本を代表する繁盛店

と言って頂けることさえ有るようになったとき、きっと、一番喜んでくれたのはノイだったでしょう。

これからも、あの世から看板犬として、私達を見守ってくれていると思います。もっと長く寝込んだりして

長患いすると思っていたのに、わざわざ店の休みの日に、誰にも迷惑を掛けずに逝ってしまったノイ・・・

「生きるモノはこうやって逝くのよ・・・」まるで、そう教えてくれたようです。いままで、本当にありがとう。

なかなか君のようには生きられないけれど、想いを胸に出来る限り頑張ってみます。ノイを可愛がって

くださった皆様、今までありがとうございました。ノイは、本当に幸せな、可愛い犬でした。(心より感謝)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<御覧頂き、ありがとうございます>・・・

This entry was posted in 気まぐれ日記. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

鈴木正美からのごあいさつ
鈴木正美プロフィール
焙煎職人
ワインメール
「自家焙煎の楽しさ・・・」
ニコスマガジンに掲載
会議珈琲ストーリー
ストアジャーナルに掲載
鈴木正美の手記
Nob誕生秘話
コーヒーギャラリーNob・誕生秘話
最初の専門誌掲載
商業界に掲載

ブログカレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ