究極

ct-1b珈琲は、人に感動を与えてくれる素敵な飲み物ですよね。

では、その珈琲の“究極の味”ってどんな物なんでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「究極の味創り」そう考えたときに、思い浮かぶのは、やはり、最高の材料を用い

それに見合う、最高の腕を持つ職人が、最高の器具を使い創り上げるもの・・・。

単純に考えても、そんなところでしょう。前は、私もそう考えていました。でも違う。

ある時に気が付いて?しまった。料理なら、勿論、最高の材料を使い、創り上げる一品。

これは、これでよい。「どっちの料理ショー」ではないが、一つ一つこだわりの品を使って

最高の一品を創り上げるのは、有る意味究極と呼んでも構わないはずだ。

でも、本当にそれが究極だろうか?私はこう叫んでしまう。「そんなことは無いはずだ!」

「それだけじゃあ悲しすぎる!」高級、最高の食材を使い、料理を創る。これは、珈琲なら

最高級の生豆を使い、珈琲を創ることと同じような物。じゃあ、最高の豆が揃わなければ

究極の珈琲は出来ない!・・・と言う事になる。そんな事を、どの世界でも、良く耳にする。

料理は勿論だが、例えば、最高の音楽は、最高の環境で、最高の楽器を使い、最高の演奏

者を集める事によってのみ生まれる・・・とか。「てやんでい、べらぼうめ!(江戸っ子?)」

と、声を大にして叫びたい!じゃあ、材料も、器具も、揃わないところで、最高の物は生まれ

ないと言うのかい?「ふざけんな、ふざけんなぁ、ふざけんなあ!」・・・だ。(口が悪いね)

僕なら、全てこう考える。音楽なら、例えば、ある国に、貧しく、それでいて才能がある音楽家

がいたとする。彼は、愛する人に、心を込めた演奏を聴かせたいと思っていた。でも、残念

ながら、楽器を買うお金がなかった。悲しんだ音楽家であったが、彼女と一緒に草原に腰掛

けていた時に、優しい風が吹き、ふと思い立った彼は、側の草を抜き、草笛で愛のメロディー

を奏でた・・・。これが、究極の音楽であると、僕は思う。

料理なら、腕のある料理人の家に、心からおもてなしをしたいと思う、大事な客人が訪れた。

でも、残念なことに、その料理人の家には、ちゃんとした食材も、器具もなかった。でも、

何とかおもてなしをしたい。そう思った料理人は、家の裏のやせ細った畑から、とても貧弱な

野菜を抜き、あり合わせの食材で、精一杯の料理を創った。その野菜は、やせ細っているが

この冬、自分が生き延びるためにと、とって置いた物だ。だが、相手をもてなしたい彼は、命

を削って、相手のために腕を振るった。これこそ、究極の料理ではないだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

僕の考えは、いつも極端だと、叱られてしまうが、それならそれで良い・・・と、最近は思う。

今、僕の所には、ありがたいことに、最高と呼ばれる生豆が、当たり前のごとく並んでいる。

昔は、たった数キロずつ、しかも、安い豆しか買えなかったし、僕に売ってくれる業者自体

あまりいなかった。ところが、珈琲の世界で、一目置かれるようになった私の元に、今では

多くの業者が、「こんな最高の物があります。是非、鈴木さんの所で使っていただきたい。」と

頭を下げて、訪れるようになった。店内には、常に500~600キロ位の高級生豆が有るし

どんな最高な物でも、簡単に手にはいるようになった。ありがたいことだ。でも、これだけは

忘れてはいけない。最高の味、究極の味は、材料に頼らず、想いを込めて、命を削ってこそ

生まれるものであると言う事を・・・。

                                    <2002年11月6日>

※誤解の無いように、弁明をしておきますが、僕は、「どっちの料理ショー」も大好きで、良く
見ています。特に、三宅さんの奥行きのある演技?(お人柄)が大好きなんですっ!!
(コーヒーも飲んで頂いたことがあるし、ちゃんと言い訳しておかないとね・・・)

This entry was posted in 焙煎職人の独り言. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

鈴木正美からのごあいさつ
鈴木正美プロフィール
焙煎職人
ワインメール
「自家焙煎の楽しさ・・・」
ニコスマガジンに掲載
会議珈琲ストーリー
ストアジャーナルに掲載
鈴木正美の手記
Nob誕生秘話
コーヒーギャラリーNob・誕生秘話
最初の専門誌掲載
商業界に掲載

ブログカレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ